ブログパーツ
So-net無料ブログ作成
検索選択

朝日新聞 自社批判は黒塗り 社会に広まる朝日の慰安婦捏造に朝日新聞独自の秘密保護法で対応 [TV マスコミ]

image.jpg
 朝日新聞が6日朝刊に掲載した、慰安婦問題をめぐる週刊文春(3月13日号)の広告の一部が「●●」となっていた。言論の自由を守るべき新聞社が、一体、何を隠そうとしたのか。

 注目の広告は「『慰安婦問題』A級戦犯 ●●新聞を断罪する」「“火付け役”記者の韓国人義母は詐欺罪で起訴されていた!」というもの。当然、黒丸部分が気になる。

 他紙を見ると「『慰安婦問題』A級戦犯 朝日新聞を断罪する」とハッキリと書いてあった。

 文春を読むと「慰安婦問題をこじらせた元凶である朝日新聞」「(河野官房長官談話の)再検証に及び腰」などとあり、その驚くべき背景が記されている。

朝日新聞、広告の一部が「●●」 言論の自由はどこに…(zakzak)




必死に隠してるつもりでも
こんな話題では朝日以外ありえないのに
何を今さらですよね
逆にそこまでヤッてもお金欲しがる姿が恥ずかしい

image.jpg


何となくボカしてますが元朝日の植村隆記者は
慰安婦問題の有名人なのに今さら隠さなくてもイイのに

(一応、wiki)
植村 隆(うえむら たかし、1958年 ‐ )は、新聞記者・朝日新聞社社員。1991年、いわゆる従軍慰安婦問題を初めて報道したが、事実に反する捏造であったと指摘されている。妻は韓国人で、その母親は「慰安婦」支援団体の会長とされる。
植村隆 wikipedia


やっと河野談話見直しの動きなど出て来ましたが
当時の日本政府の対応うんぬんよりもっと踏み込んで
慰安婦証言の信憑性を検証するとこまで進んで欲しい

日本軍が存在しないとこに自称慰安婦が存在したり
日本軍兵士より自称慰安婦の方が行軍能力が高い様な事が多々あります
まるで自称慰安婦が当時のアジアを制圧してたかのような勢いです

行き当たりばったりで嘘つくから史実などと比べて
矛盾が出る証言が多数ですし、きっちり検証、論破して
現状を打破してもらいたいものです







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。