ブログパーツ
So-net無料ブログ作成
検索選択

【韓国に強力なブーメラン】東海併記でロビー活動した結果、竹島/独島併記の動きが広がる [世界情勢]

image.jpg
 韓国が思わぬブーメランに慌てている。米国の教科書に「日本海」とともに韓国政府が主張する「東海」を併記する運動を進めていたところ、米議会調査局の報告書などで、韓国が不法占拠する「竹島」と韓国名の「独島」が併記される動きが広がっているのだ。「反日プロパガンダ」で猛進する隣国だけに、因果応報というべきか…。

 「日本が独島問題を国際紛争化に悪用するのでは、と懸念されている」

 韓国紙『朝鮮日報』は2月20日、米国で「竹島」と「独島」を併記する動きがあることに言及し、「報告書は、米政府の政策立案や立法過程に影響を与えるため、今後の独島表記に関する重要な変数になる可能性もある」と警戒を呼びかけた。




 米議会調査局が今年1月に発表した北朝鮮に関する報告書では、使用された地図に英語で「独島/竹島」と表記。昨年8月の報告書では、米地名委員会が基準名としている「リアンクール岩礁」も含む3つの名称を併記しているが、「竹島」を「独島」よりも先に表記している。

 さらに、権威あるナショナル・ジオグラフィック協会(本部・ワシントン)のネット地図では、「独島/竹島」と表記。同協会が2009年に発行した地図では「独島(竹島、リアンクール岩礁)」と記されていたことを考えれば、日本側に有利な記述に改められたといえる。

 日本海の呼称をめぐっては、米バージニア州の上下両院が州内の公立学校の教科書に「東海」を併記する法案を可決したばかり。

 韓国系団体が、法案成立を目指した背景には、「独島が『日本海』にあると、日本領海内にあるようで適切ではない」という韓国政府の主張がある。だが、日本海呼称をめぐる動きが「竹島」「独島」の併記につながれば、韓国側にとっては本末転倒といえる。

 こうした事態を契機に、米国国内における不毛な「反日工作」が見直されるのか。

 著書『呆韓論』(産経新聞出版)がベストセラーとなっているジャーナリストの室谷克実氏は「彼らは『大変だ、大変だ』と騒ぐが、米国での活動を抑制することはないだろう。逆に、『もっとロビー活動を強化しなければならない』といって、関連予算の増額の口実にするのではないか」と予測している。


韓国、反日工作が裏目に… 米で(zakzak)





腹ただしい状況が続いてただけに良いニュースですね
当然の判断ですし、これがアメリカの政治バランスなんでしょう

東海併記の運動を始めた当初は
東海と書いた地球儀など配ってるニュースを見ましたが
世界中に繋がってるネット地図での
「竹島/独島併記」
のブーメランになって帰ってくるとは思ってなかったでしょうね

こんなニュースが出た時にまず、「外務省頑張ったな」と思えないとこは寂しいですが
ここ最近は黙ってやり過ごすばかりではないですし
ひょっとして外務省頑張ったのかな?

この件ではほっと胸を撫で下ろす感はありますが
最大の課題 慰安婦問題がありますし
何とかこちらも早く解決出来るよう頑張って欲しい





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。